むくみの原因と解消法

むくみは治ります。その為には、むくみの原因を理解した上で、むくみの解消法に取り組みましょう。そうすれば、足のむくみや顔、ふくらはぎ、まぶたなどのむくみを解消する事ができます。

腎臓病が原因のむくみ

通常のむくみは、血流が良くなったり水分代謝が良くなると自然に解消していきます。

しかし、なかなかむくみが解消しない場合は、肝臓病などの腎臓疾患が原因でむくんでいるという疑いがあるといわれています。

腎臓疾患が原因の場合、体内の水分が異常に増加した状態にあるのです。
むくみがひどくなると、短期間の間に体重が10kgも増えてしまう人もあるようです。

腎臓に疾患があると、摂取する水分に対して排出する水分の量が極端に少なくなってしまいます。

このことが原因で、体内に水分が多く残り、むくみにつながるという結果になるというのです。

最近急激に体重が増加したという方や、尿の量が極端に減ったという方でむくみの症状が現れたら、一度専門医の診察を受けましょう。


<参考>「むくみ」とは・・・
「むくみ」とは、体内の水分が増えて、皮膚の下に溜まった状態のことを言います。
血液中の水分が、血管やリンパ管の外にしみ出すことによって、体内の水分が増えます。
「むくみ」は「浮腫み」とも表記されますし、医学的には浮腫(ふしゅ)とも呼ばれています。

タグ: 
むくみの原因 | permalink | - | - |

心臓病が原因のむくみ

心臓病が原因でむくみの症状が現れる場合があります。
心臓病にかかると、うっ血性心不全という状態が起こることがあるためです。

うっ血性心不全になると、心臓のポンプとしての力が弱くなり、正常な状態よりも心臓からの血液量が減ってしまいます。

心臓病によるむくみは、下半身に症状が現れることが多いようです。
また、午前中よりも午後から夕方にかけてむくみだすというのが一般的なようです。

この症状が現れるのが、先天性心疾患、リウマチ性心炎、高血圧性心疾患、虚血性心疾患、弁膜症などが挙げられます。

どの病気においても、うっ血性心不全という症状になりうるのです。
うっ血性心不全による、むくみの特徴として、手の甲の静脈が異常に浮き出るというものがあります。

むくみがあり、少し気になる場合は一度医師の診断を受けると良いでしょう。


<参考>「むくみ」とは・・・
「むくみ」とは、体内の水分が増えて、皮膚の下に溜まった状態のことを言います。
血液中の水分が、血管やリンパ管の外にしみ出すことによって、体内の水分が増えます。
「むくみ」は「浮腫み」とも表記されますし、医学的には浮腫(ふしゅ)とも呼ばれています。

タグ: 
むくみの原因 | permalink | - | - |

女性ホルモンが原因となるむくみ

女性がむくみやすいという原因は、女性ホルモンむくみに影響を与えることにあります。

女性ホルモンの一種に、黄体ホルモンというホルモンがあります。
この黄体ホルモンには水分をためこむという性質があり、女性の場合、月経の一週間前から月経の間はむくみやすい時期となります。

月経の時期のむくみは周期的なものであり、月経が終わるとむくみも解消していきます。
月経時にダイエットをしても効果が出にくい原因にもなっています。

ですから、月経時のむくみはあまり気にせず、月経中はゆっくりすごすことが大切です。

月経時のむくみを気にしすぎると、ストレスを誘発し、さらにむくみを悪化させてしまいます。

しっかりと規則正しい生活をして、ホルモンバランスを整えていきましょう。


<参考>「むくみ」とは・・・
「むくみ」とは、体内の水分が増えて、皮膚の下に溜まった状態のことを言います。
血液中の水分が、血管やリンパ管の外にしみ出すことによって、体内の水分が増えます。
「むくみ」は「浮腫み」とも表記されますし、医学的には浮腫(ふしゅ)とも呼ばれています。

タグ: 
むくみの原因 | permalink | - | - |

むくみの原因の一つである塩分

むくみ原因の一つとして、塩分の摂り過ぎがあげられます。
塩分を摂り過ぎることによって、血管の外に水が染み出し、さらに血管に戻ることができないという状況が起こります。
この状況が、むくみの原因となってしまうのです。

現代人にとって日常のように摂取しがちなインスタント食品やスナック菓子などは、非常に塩分量が多く、むくみにつながってしまうことがあります。
一見ヘルシーな和食も、味噌汁や漬物、梅干などに塩分が多く含まれています。

普段、お菓子やインスタント食品を摂り過ぎる人は、むくみやすい体になっているかもしれません。
むくみは、慢性化してしまう場合もあるので、できるだけ、塩分の多い食品を摂取することは控えたほうがよいでしょう。


<参考>「むくみ」とは・・・
「むくみ」とは、体内の水分が増えて、皮膚の下に溜まった状態のことを言います。
血液中の水分が、血管やリンパ管の外にしみ出すことによって、体内の水分が増えます。
「むくみ」は「浮腫み」とも表記されますし、医学的には浮腫(ふしゅ)とも呼ばれています。

タグ: 
むくみの原因 | permalink | - | - |

むくみの原因となるアルコール

アルコールを摂取しすぎると、翌日むくみがひどくなるという経験をしたことのある人は多いのではないでしょうか。

アルコールには、血管内脱水という状態を作り出す性質があります。
血管内脱水を起こすと、むくみの原因につながってしまうのです。

アルコールを摂取しすぎてしまって、むくみの症状が出てしまった時には、スポーツ飲料や水をたくさん飲んで、アルコールを体内から早く排出してしまうことが大切です。

特に、アルコールを摂取した次の日は顔のむくみが気になることが多いようです。
そんな時には、顔の血流を活性させるために、暖かいタオルと冷たいタオルを交互に当てると良いでしょう。

むくみのためだけでなく、健康のためにもアルコールの飲みすぎには注意しましょう。


<参考>「むくみ」とは・・・
むくみ」とは、体内の水分が増えて、皮膚の下に溜まった状態のことを言います。
血液中の水分が、血管やリンパ管の外にしみ出すことによって、体内の水分が増えます。
「むくみ」は「浮腫み」とも表記されますし、医学的には浮腫(ふしゅ)とも呼ばれています。


タグ: 
むくみの原因 | permalink | - | - |