むくみの原因と解消法

むくみは治ります。その為には、むくみの原因を理解した上で、むくみの解消法に取り組みましょう。そうすれば、足のむくみや顔、ふくらはぎ、まぶたなどのむくみを解消する事ができます。
<< 女性ホルモンが原因となるむくみ | main | むくみとしびれの関係 >>

心臓病が原因のむくみ

心臓病が原因でむくみの症状が現れる場合があります。
心臓病にかかると、うっ血性心不全という状態が起こることがあるためです。

うっ血性心不全になると、心臓のポンプとしての力が弱くなり、正常な状態よりも心臓からの血液量が減ってしまいます。

心臓病によるむくみは、下半身に症状が現れることが多いようです。
また、午前中よりも午後から夕方にかけてむくみだすというのが一般的なようです。

この症状が現れるのが、先天性心疾患、リウマチ性心炎、高血圧性心疾患、虚血性心疾患、弁膜症などが挙げられます。

どの病気においても、うっ血性心不全という症状になりうるのです。
うっ血性心不全による、むくみの特徴として、手の甲の静脈が異常に浮き出るというものがあります。

むくみがあり、少し気になる場合は一度医師の診断を受けると良いでしょう。


<参考>「むくみ」とは・・・
「むくみ」とは、体内の水分が増えて、皮膚の下に溜まった状態のことを言います。
血液中の水分が、血管やリンパ管の外にしみ出すことによって、体内の水分が増えます。
「むくみ」は「浮腫み」とも表記されますし、医学的には浮腫(ふしゅ)とも呼ばれています。

タグ: 
むくみの原因 | permalink | - | - |