むくみの原因と解消法

むくみは治ります。その為には、むくみの原因を理解した上で、むくみの解消法に取り組みましょう。そうすれば、足のむくみや顔、ふくらはぎ、まぶたなどのむくみを解消する事ができます。

むくみとリンパ浮腫

むくみを別の言い方で言うと、「浮腫」と呼ばれます。

浮腫とは、ただ水分が滞った場合だけではなく、血液中の体液がなんらかの原因で血管の外へ出てしまい、血管外皮下組織に溜まってしまう症状です。

リンパ性のむくみリンパ浮腫といい、子宮がん乳がんの手術をした後に起こりやすい症状です。

リンパ浮腫の場合、ほとんどが片側の腕や足にむくみの症状が現れるという特徴があります。

リンパ浮腫は、起こりやすいむくみの症状であるにも関わらず、保険の適用外であったり、十分な治療が行われない場合が多いようです。

さらには、子宮がんや乳がんの手術前に、その手術後に起こりうる症状であるリンパ浮腫についての説明すらもない場合もあるようです。

少しでも、知識を得ておくと、もしもの時には役に立つのではないでしょうか。


<参考>「むくみ」とは・・・
「むくみ」とは、体内の水分が増えて、皮膚の下に溜まった状態のことを言います。
血液中の水分が、血管やリンパ管の外にしみ出すことによって、体内の水分が増えます。
「むくみ」は「浮腫み」とも表記されますし、医学的には浮腫(ふしゅ)とも呼ばれています。

タグ: 
むくみ情報 | permalink | - | - |

むくみとしびれの関係

むくみの症状は、神経を圧迫する原因にもなるといわれます。

そのため、むくみの症状と合わせて、しびれの悩みを抱えている人も少なくありません。

実際、むくみの症状により、しびれの症状を引き起こすことがあります。
さらには、しびれることにより手足に力が入らなくなることもあるようです。

このむくみから来るしびれを改善するためには、手を握ったり開いたりを繰り返すことが効果的だといわれています。

また、就寝時には足のほうを心臓よりも高くするようにして寝ると良いでしょう。

できるだけ、血液の循環を良くするように心がけることが、むくみしびれの症状の対策となります。

食事も塩分をとり過ぎないように心がけ、お風呂もゆっくり入り休養を大切にしましょう。


<参考>「むくみ」とは・・・
「むくみ」とは、体内の水分が増えて、皮膚の下に溜まった状態のことを言います。
血液中の水分が、血管やリンパ管の外にしみ出すことによって、体内の水分が増えます。
「むくみ」は「浮腫み」とも表記されますし、医学的には浮腫(ふしゅ)とも呼ばれています。

タグ: 
むくみ情報 | permalink | - | - |

心臓病が原因のむくみ

心臓病が原因でむくみの症状が現れる場合があります。
心臓病にかかると、うっ血性心不全という状態が起こることがあるためです。

うっ血性心不全になると、心臓のポンプとしての力が弱くなり、正常な状態よりも心臓からの血液量が減ってしまいます。

心臓病によるむくみは、下半身に症状が現れることが多いようです。
また、午前中よりも午後から夕方にかけてむくみだすというのが一般的なようです。

この症状が現れるのが、先天性心疾患、リウマチ性心炎、高血圧性心疾患、虚血性心疾患、弁膜症などが挙げられます。

どの病気においても、うっ血性心不全という症状になりうるのです。
うっ血性心不全による、むくみの特徴として、手の甲の静脈が異常に浮き出るというものがあります。

むくみがあり、少し気になる場合は一度医師の診断を受けると良いでしょう。


<参考>「むくみ」とは・・・
「むくみ」とは、体内の水分が増えて、皮膚の下に溜まった状態のことを言います。
血液中の水分が、血管やリンパ管の外にしみ出すことによって、体内の水分が増えます。
「むくみ」は「浮腫み」とも表記されますし、医学的には浮腫(ふしゅ)とも呼ばれています。

タグ: 
むくみの原因 | permalink | - | - |